今年もアイツらの季節が到来

0

    夏が近づくと、どこからともなく現れる憎いヤツ。

    ひょっとして、G

    Gも確かに現れますが、最近の我が家はかなり減って、以前ほど見かけなくなりました。

     

    深刻なのは、GよりもK。

    Kは、英語読みの「ケイ」ではなくて、ドイツ語読みの「カー」、すなわち蚊の存在です。

    玄関や窓から侵入したアイツらは、片麻痺の体にも容赦なく襲ってきます。

    そして刺されてしまったら、やっかいな問題に直面するのです。

     

     


    夏至の太陽はどれほど高いのか

    0

      2017年の夏至は6月21日、つまり今日です。

      夏至が何の日と言えば、1年中で昼の長さが一番長い日であること、そして南中時の太陽が最も高い位置に来る日です。

      その高度は、東京で77.8度。ちなみに冬至の南中高度は30.9度ですから、夏至の太陽の南中高度がいかに高いか想像がつくと思います。

       

      南中高度が高いだけではありません。

      別の視点で見てみましょう。

       

       


      梅雨入りと梅雨の過ごし方

      0

        本日(6月7日)、住んでいる東京で梅雨入りしました。

        故郷の大阪も、一時期住んだ名古屋も、同時の梅雨入り宣言。

        私の記憶では、3都市同時はあまりなかったと思います。

        違ってたら、ごめんね。

         

        私にとって、今年の梅雨は、少しだけだけど楽になりそうなのです。

        今年から、傘をさせるようになったからです。

         

         


        春分の日に秋分の日を思う

        0

          春分の日のおよそ半年後には、秋分の日がやってきます。

          この両者は、どちらも昼の長さと夜の長さが同じぐらいという共通点があり、違いと言えばこの日を境に長くなるのが昼か夜かのどっちにあるかということぐらい。

          ちょうど裏返しの関係だなと思う所で、似た者同士かと思えばさにあらず。

          大きく違う所があるのですが、何か分かりますか?

           

           


          涼しいのはありがたいけれど

          0

            おーい夏よ、どこ行った?

            私の故郷の大阪では、今週になってから連日真夏日が続き、天気も晴れの日がほとんどのようで、毎日厳しい暑さに見舞われているようです。

            ここ東京では、昨日や一昨日などは30℃を超えたみたいですが、今日は25℃ぐらいで涼しい1日でした。

            明日からもしばらく涼しいみたいで、梅雨も明けず、一体いつになったら真夏が来るのでしょうか。

            障害を持った身には涼しいのは助かるんですけど、残念ながらいいことばかりじゃないんですね。

             

             


            七夕祭りと入院中の願いごと

            0

              今夜は七夕。

              JUGEMのサイトに「短冊に願いをかくとしたら、なに?」とあったのを見て、去年の七夕のことを思い出しました。

              私は小学校ぐらいまでしか七夕の飾りを作った記憶がありません。

              去年、およそ30数年ぶりに七夕の飾りに願い事を書いた短冊をぶら下げました。

              当時入院していた私は、病院内の七夕祭りに参加したのです。

               

               


              うるう年は4年に1度ですか

              0
                4年に1度しかお目にかかれない、2月29日。
                うるう年は4年に1度ですかですって? 当たり前でしょ。
                常識も常識、今頃何言ってんの。

                うるう年は、西暦年が4の倍数に当たっています。
                だから、今年はうるう年なんです。
                まだなにか文句があるのですか。




                立春が寒いのは当たり前です

                0
                  立春とは、子供の頃から、この日から暦の上では春になると教えられた方も多いと思います。
                  確かに暦の上ではこの日から春であり、季節の挨拶も「厳冬の候」などから「余寒の候」とか「残寒厳しき折」などに変わる日です。

                  しかし、立春の時期は寒い日が多く、立春に雪が舞ったりなんかすると、ニュース報道でもそこを強調した言い回しになります。
                  2年前の立春は、実際に各地で雪が舞いました。
                  その時のニュースを紹介します。




                  大晦の一日に一期一会を想う

                  0
                    子供の頃、一緒によく遊んだ何人かの友達のことを思い出しました。
                    彼らとの記憶は子供時代で止まっていますが、今無事に生きていれば、私と同じように相当に年を取っているに違いありません。
                    もし今、彼らと会えたとしたら、どんな会話を交わすのでしょう。


                     

                    クリスマスのセイなる時間帯

                    0
                      本来のクリスマスの日になりました。
                      わざわざ「本来の」と付けたのは、クリスマスよりクリスマスイブのほうが盛り上がっているからです。
                      我が家でも、クリスマスケーキを食べたのは昨日でした。

                      今日は何にもない普通の日です。
                      キリストの誕生日って、今日なんですよね。
                      誕生日より前日が盛り上がるって、普通はないと思います。

                      ところで、クリスマスの頃になると、毎年決まってネットに出回る文章があります。
                      誰が考えたのかは知りませんが、発祥はどうやら2ちゃんねるです。
                      よく出来ていますので、ご存知の方も多いと思いますが、ご紹介します。


                       
                      続きを読む >>

                      1

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

                      リンク

                      おすすめ!

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM