私と河合美智子、見習うのは

0

    脳出血で倒れ、入院していた女優の河合美智子さんが今日(1/17)、記者会見に臨みました。

    「退院したその足で酒店に行きました」。

    ま、まさか。

    そう、そのまさかだったのです。

     

     


    病気で競争する大迷惑な存在

    0

      病気や後遺症が長引くと、病気であることにアイデンティティを求めてしまうことがあるでしょう。

      それは仕方ないとしても、これが暴走を始めると、超迷惑な存在へと大変身。

      例えば、病院なんかでは、病歴の浅い人に対して「上から目線」の人なんかがそうです。

      「オレは色んな治療法をこんなに経験したんだ」とか、「オレはこんな治療法をやっているんだ」とか言って、なぜか威張っていたりする。

      酷い人になると、「オレが受けた治療法を経験してみろ!」とか、「オレの受けた治療法を経験してない人に、何が分かるんだ!」とか、言い出す始末。

       

      馬鹿言わないでくださいよ。

      病気は一人一人違うのですから、なんで他の人と同じ治療を受けなければならないのでしょうか。

      まったく、笑っちまいますよ(笑)

       

       


      オーロラ輝子、脳出血で闘病

      0

        本題に移る前に、「オーロラ輝子」が何のことなのか、解説しておかなければなりませんね。

        オーロラ輝子とは、今から20年前の1996年〜1997年に大阪を舞台に放送されたNHKの朝ドラ「ふたりっ子」の主要キャラクターの1人で、「通天閣の歌姫」という位置づけで、女優の河合美智子さんが演じ、CDも発売しました。

         

        この演じた河合美智子さんが脳出血で倒れ、現在は後遺症と闘っているとのことです。

        私もこの朝ドラを見ていましたので、驚きを隠せません。

         

         


        脳卒中有名人の気になる仕草

        0

          あけましておめでとうございます。

          脳出血を起こしてから2回目の年越しが、無事終わりました。

          来年もまた年越しがしたいですね。

          こんなことを言うのは、病気をしてから、ちょっと弱気になっていることがあるからです。

           

          さて、今年最初の記事は、有名人にまつわる話です。

           

           


          口パクに負けるな西城秀樹!

          0

            デビューして40年越えのベテラン歌手・西城秀樹さんが12月7日、FNS歌謡祭に登場。

            再発まで起こした脳梗塞の後遺症と闘いながら舞台に立ち、往年のヒット曲「ヤングマン」を歌うその姿は、脳出血の私にも胸を打つ思いに駆られました。

            全盛期と比べてぎこちない動きでしたが、その気持ちが痛いほど伝わってくるのです。

             

            さて、翌日のネットでは感動の書き込みがあふれる一方で、口パク疑惑があるとか、痛々しいとか、ネガティブな書き込みも少なくありませんでした。

            激しいものになると、「歌えないなら出るな」とまで書かれる始末。

            そんな西城さんがそれでも「歌う」のは、なぜなんでしょうか。

             

             


            前向きなブログに悲しい解釈

            0
              入院時から愛読していたブログ、「味由部長奮闘記」。
              私がこのブログを始めるのに、大きな影響を受けたブログです。
              このブログは、闘病体験だけでなく、障害者問題や自然災害などの社会問題にも切り込んでいるのですが、親しさあふれる雰囲気で読みやすく工夫されており、私も更新をいつも楽しみにしています。

              ところが今日、「味由部長奮闘記」の一つの記事に対して、批判を展開している別のブログ記事を見つけました。
              これって、批判されるような内容なんでしょうか。


               

              高いプライド、低いデリカシー

              0
                プライドが高い人に、いい話はあまり聞きません。
                特に、病院では取り扱いが面倒で、他の患者にとっても気分が良くなくて、存在が邪魔なだけ。
                私が入院しているときにも、プライドの高そうな高齢の患者がいました。
                その患者さんのエピソードを紹介します。




                食事に不満な患者は即刻退場

                0
                  健康で元気だった頃、病院食はまずい食事の代表というイメージでした。
                  病気になり入院すると、朝昼晩の食事が、病院での数少ない楽しみの一つになりました。
                  評判は決して良くないけれど、昔と比べれば工夫もあります。
                  献立の裏には、厳格な栄養分の計算があるのですから、食事作りに携わっている方は随分と苦労があることと思います。
                   

                  誰が3歳児程度の知能なのか

                  0
                    私が入院していた4人部屋には、私とK氏の他に当然ながら2人いました。
                    その内の1人、S氏は、我々と同じ脳出血でした。
                    S氏といえば、「礼儀知らずのクズ隣人、K氏」の記事で、K氏に「礼儀知らず」呼ばわりされていた人ですが、私が見る限りそんなことはありませんでした。
                     

                    最後までいい加減な隣人、K氏

                    0
                      ※同じ病室の、隣のベッドのK氏については、下記の関連記事もご参照ください。
                      少し困った隣人さん、K氏
                      大きなお世話の隣人、K氏
                      見栄と自己中の隣人、K氏
                      アンパンにKOの隣人、K氏
                      コンビニに執着の隣人、K氏
                      礼儀知らずのクズ隣人、K氏


                      K氏の退院予定日の1週間前頃のことです。
                      私がリハビリから戻るとき、K氏はカーテンを全開にしてベッドに座っていました。
                      私がK氏を無視して通れないシチュエーションを、わざと作っていたのです。
                      私は仕方なく、こちらから「お疲れ様です」と、挨拶をしました。
                      K氏は待ってましたとの表情で顔を上げて、「お疲れ様です!」と返事をしました。
                       
                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

                      リンク

                      おすすめ!

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM