知らない間に麻痺の右腕が!

0

    気がつけば、麻痺側の右腕が随分と上がるようになっていました。

    ゴールデンウィークの頃は胸の辺りまでだったのが、今では正面を向いた状態でアゴの辺りまで上がるようになっていました。

    もちろん、リハビリをきっちりとやっているからだと思いますが、思ったよりも回復が早くて驚いています。

     

     

    私は週に2回、理学療法士の先生に自宅に来ていただいて、リハビリを続けています。

    先生が来ない日も、腕を伸ばしたり縮めたりするなどの運動をやっています。

    麻痺している右手の指はまだ広げる方に動きませんが、先生は「柔らかい指ですね」と言ってくれますので、柔軟性は保っている模様です。

     

    右肘の関節は、健常である左の肘には及びませんが、曲げたり伸ばしたりが出来る状態を維持出来ています。

    おへその辺りで両手を組んで椅子に腰掛けて両腕を真っ直ぐに前に伸ばし、そのまま腰を前方へ折り曲げて両手を床につける運動もしています。

    この運動は、一度に多くの筋肉を伸ばせるとのことで、毎日続けています。

     

    最近は、右手の感覚が以前より良くなってきました。

    感覚の鈍い右手の甲が少しヒリヒリとしてきたので、もしかすると神経の再興が少しずつ進んでいるのかも知れません。

    この調子で右手の指を広げられるようになってくれたら、とは思いますが、発症して1年余りでそれを望むのは、ちょっと無理だと言われそうです。


    コメント
    お邪魔します ヨルテンです。

    ニゼックさん、良いですね。少しでも良くなったという話を聞くとなんだか私も嬉しいです(^^)

    感覚が良くなってきたという事てすが、痺れや痛みはあまり強くないのでしょうか。主人は退院から痺れが強くなって感覚が以前より悪いようです(-。-;毎日フルタイムで仕事しているので週1のリハビリでは足りないのでしょうね。
    痺れと痛みがあると気持ちも落ち込んでしまって会話も減ってしまいます。
    話かけても会話も弾みません。私も強いハートができてなくて…( ; ; )
    • ヨルテン
    • 2016/07/20 5:34 PM
    こんにちは。
    痺れや痛みは、私の場合ですが、比較的軽いかもしれません。
    ただし、日によって部分的に強くなる場所はありますね。
    私は右片麻痺ですが、顔の右半分は常に痺れに似た感覚があります。
    これも日によって強くなったり弱くなったりします。
    どこかのブログで読んだのですが、こういう現象は神経の再構築の過程で起きるらしいです。
    とにかく、今の不快な感覚は回復の過程と割り切って我慢しようと思います。
    私も妻に当たることがあるので、できるだけしないようにします、としか答えられなくてすみません。
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

    リンク

    おすすめ!

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM