リハビリの自主トレメニュー

0

    毎週火曜日と木曜日は、リハビリの日。

    開始から今日までは、両日とも理学療法士の先生による指導で行なってきましたが、来週からは木曜日は作業療法士の先生が来てくれることになりました。

     

    仕事のための外出が多く、足の方は十分に回復してきたので、腕や手のリハビリにウエイトを置こうということになったのです。

    そこで、下肢を中心とした自主トレとして、次のようなメニューを理学療法士の先生からいただきました。

     

     

    備忘録のような内容になっています。

    もし参考になれば幸いです。

    私は右の片麻痺ですので、左片麻痺の人は左右を逆転すれば良いと思います。

     

    1.屈伸運動

     膝はかかとが浮かない範囲で曲げること。

    2.重心を後ろに置いて、真っ直ぐ立つ。

    3.ゆっくりと右足を前に出す。

     このとき、右足の膝は少しだけ曲がった状態を保つこと。

    4.腰を伸ばし、次に左足を前に出す。

    5.お尻を後ろに引いて、左足を後ろに戻す。

     お尻の右側の筋肉に力が入った状態で行う。

    以降は、3.〜5.を繰り返し行う。

     

    足の装具は、また折を見て調整をしに来てくださるそうなので、安心です。

    これで来週からは、火曜日は理学療法士の先生、木曜日は作業療法士の先生によるリハビリとなります。

    完治を究極の目標として、今後もリハビリに励んでいきたいと思います。


    コメント
    3-5の運動、私も入院中勧められたやつです。入院中は朝昼晩に繰り返していました。年寄りの転倒防止に良い運動だとか。最近足つり防止に偶に刷るようにしています。
    • ath
    • 2018/06/03 4:15 PM
    1年ほど前から仕事での外出が格段に多くなりまして、歩くことが多くなりました。
    あの時、これをやり続けていて転びにくくなったのは、今になって役に立っています。
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      ニゼック
    • 障害者が作る健常者の感情
      ニゼック
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      堀池一久
    • 障害者が作る健常者の感情
      堀池一久
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック

    クリックしてくださいね。


    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM