悲劇のヒーローはゴメンだぜ

0

    一番楽な時間は、どんな時ですか。

    私はやっぱり寝ている時ですかね、それも眠っている時。

    なぜって、後遺症から解放されているから。

    意識のある時は、いつも後遺症と向かい合っていて、苦痛から100%逃れることがないのです。

    それが、脳卒中の後遺症です。

     

    でも、悲劇のヒーローにはなりたくない。

    体の苦痛なら、自分以外にもたくさん苦しんでいる人がいますからね。

     

     

    自分を悲劇のヒーローにしてしまうと、自分の周りで起きる不都合なことが、全て自分に恨みを抱いているかのように見えてくるのです。

    例えば、自分に対向して歩いてくる人をうまく避けきれずに、すれ違う時に肩が当たったとしましょう。

    何でもないことなんですが、自分を悲劇のヒーローだと思っていると、その相手がまるで自分を狙い撃ちしてきたかのように見えるのです。

     

    何が起きても自分に恨みを持っている結果で起きていると考えると、心が穏やかでなくなります。

    心が穏やかでなくなると、いつも腹が立ってきます。

    障害者の自分に冷たくすることはできまい、と考えている人なんかは、腹立ち紛れに相手を怒鳴りつけたりすることも。

    そうなると、血圧が高くなる傾向になり、最後は脳出血の再発に繋がるかも知れないのです。

     

    なんでオレばっかりが!と思う気持ちも分かります。

    でも、ブログを書いている人なら、みんな気付いているはず。

    そう、ブログ仲間はみんな苦しんでいるのです。

     

    ブログを書いていれば、悲劇のヒーローにならないで済む。

    私もかなり助けてもらっているので、ブログは止められませんね。


    コメント
    私はどちらかというと眠っている時の方が怖いです。
    ん?年のせいだと言えばそれまでなんですが、
    生きていればこその喜怒哀楽を体感、体現できると思います。
    ニゼックさんの言う通りで、怒りはなるべくうまく吸収したいですね。
    お互い血圧が上昇しないためにもね!
    • 味由部長
    • 2017/02/03 9:16 AM
    はじめまして。眠っているとき  よーくわかります。
    私は目覚めた瞬間も好き。痛みが無く、麻痺も忘れるから。
    • ハオチン
    • 2017/02/03 6:07 PM
    味由部長、部長の「眠っているときの方が怖い」で思い出したのですが、私も起きた時に「ふぅ、今朝も無事目が覚めたぜ・・・」と思うことが最近よくあります。
    脳出血を患う前と後で大きく変わったことは、「死」に対する意識です。
    「生きてるだけで丸儲け」であるのと同時に、「今日も生きていることに感謝」という感情が加わりました。
    腹を立てることが死を引き寄せかねないので、楽しく愉快に毎日を過ごしたいですね。
    ハオチンさん、こちらこそはじめまして。
    実は毎日ブログを拝見しております。
    マンガ、最高です。
    私も救急病院で1か月いた後にリハビリ病院に転院しました。入浴の描写もリアルで、私も入院したての頃を思い出しましたよ。
    これからの展開も楽しみにしています。
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • 障害者は本来マイナスの存在
      ニゼック
    • 障害者は本来マイナスの存在
      Tarot
    • 障害者は本来マイナスの存在
      Tarot
    • 障害者は本来マイナスの存在
      ニゼック
    • 障害者は本来マイナスの存在
      Tarot
    • 障害者は本来マイナスの存在
      ニゼック
    • 障害者は本来マイナスの存在
      yuko
    • 障害者は本来マイナスの存在
      ニゼック
    • 障害者は本来マイナスの存在
      yuko
    • 障害者は本来マイナスの存在
      ニゼック

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

    リンク

    おすすめ!

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM