リハビリに対する大きな誤解

0

    リハビリのことを全く知らない人は、見かけなくなりました。

    しかし、正しく認識できている人は、そんなにいないと思います。

     

    先日、私の妻が帰省した時、義妹(つまり、妻の実妹)に私の病状について話したそうです。

    リハビリは週2回1時間ずつ行なっており、本人(つまり、私)も真面目に一生懸命に取り組んでいるのだが、発病後2年近く経ってもまだ右(麻痺している方)の手足の指がほとんど動かない、と。

    これを聞いた義妹は、次のように言ったそうです。

     

     

    「リハビリの時間が少なすぎるんじゃない。

    一日中全部リハビリだけをやっていれば、もっと早く回復したんじゃないの」

     

    一日中、リハビリをやってたらいいって?

    死んでしまうわ。

     

    そもそも脳卒中って、異常をきたしているのは脳だけなのであって、手足の指自体には何の異常もないのです。

    手足を動かさないと筋肉が固まってしまうので、筋肉をほぐすためにリハビリをやっているわけです。

    ほぐすだけなら、週2回1時間ずつのセラピストさんのリハビリ以外に、毎日30分程度の自主リハビリと、時間が空いた時に指を曲げたりするので十分です。

    毎回セラピストさんには、「西関さん、今日も筋肉が柔らかいですね」と言われています。

     

    一般的な人々のリハビリって、苦しいことをするというイメージ以外ないのではないでしょうか。

    芸能人や有名人のリハビリのドキュメントで流されるシーンって、いつも大抵汗だくでトレーニングしていたり、時には涙を流したりしています。

    そのせいでしょうか、健常者にとって、リハビリは常に苦しいものでなければいけないようです。

    汗にまみれて、時には泣きながら、わめきながら、リハビリに立ち向かうのが、健常者の理想的なリハビリの姿なのでしょう。

     

    確かに、リハビリは楽なものではありません。

    しかし、リハビリが苦しいのは、汗だくの筋肉トレーニングのようなものから生み出されるものではなくて、たとえ短時間でも毎日欠かさず続けることなのです。

     

    お正月休みだから、今日は風邪気味だから、今日は仕事が忙しいからリハビリを休もう、という甘い考えを捨てて、体が少しでも動かせるなら短時間でもリハビリをやること。

    案外、これの方が難しいと思いますよ。

    私は、もちろん実践しています。


    コメント
    「柔らかいですね」って褒め言葉なんですね。
    夫は弛緩したままと言われているようでずっと辛かったみたいです。(大胸筋だけ固くなっていたものでw)
    褒め言葉だと伝えておきます。
    触っていて感じるのですがもうすぐ五年生になる今は麻痺側の方が健側よりも明らかに柔らかいです。筋肉が細いと言った方が近いかな?

    私は2年目に実母に同じように相談したら、
    「自分自身でこれくらいしか動かないって思っちゃってるんじゃないの?自分で信じなきゃ。」と言われました。
    これは夫には言えませんでした。

    どこから動き始めるかなんて、脳の神様でもわからないと思います。人それぞれにに必要な取り組みと時間があるんだと思います。
    • yuko
    • 2017/02/10 10:00 AM
    そう、褒め言葉なんですよ。
    弛緩したままとか、旦那様を落ち込ませたセラピストは誰ですか!?
    私のセラピストさんに説教してもらいますよ(笑)

    今から思えば、入院直後から筋肉をほぐしてもらっています。
    特別ハードなリハビリも受けた覚えはありません。
    私の場合、救急病院→リハビリ病院→退院後の訪問と、3回もスタッフが変わっているのに、ツイてるとしか言いようがないですね。
    セラピストさんたちはいつも褒めてくれていたんです。夫が額面通りに受け取れないだけでw
    セラピストさん「いいですね〜」私「よかったね〜」夫「…。」
    こんな感じw
    うちは医療機関のリハビリは退院から丸3年で自主退学しました。
    今は月に二回の整体のみです。
    柔らかくいいですね。だけでなく、
    「左右とも使ってはるなぁって感じますよ。同じ筋肉の張りがありますよ。」
    と言われて、夫が喜んでいました。

    うちも急性期から可動域の維持がメインだったのでツイていたんですね。夫に伝えておきます。ありがとうございました。
    • yuko
    • 2017/02/11 6:38 AM
    なるほど、旦那様は褒め言葉を弛緩だと捉えていたわけですね。
    私が言うのも変かも知れませんが、旦那様のリハビリはきっと順調に進んでいると思います。
    私も、少しでも健常に近づけられるように、頑張ります。
    • ニゼック
    • 2017/02/11 9:48 AM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

    リンク

    おすすめ!

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM