後遺症の改善と老化との闘い

0

    「随分と歩くのが早くなったんじゃないですか?」

    そう言えば、仕事仲間と歩いていた時、相手に引き離されないように歩いていました。

    知らない間に早足になってたんですね。

     

    以前なら、相手が私に合わせていたのですが、最近は少し遅めに歩く程度でいいとのこと。

    こうして毎日毎日、後遺症は少しずつ改善の一途を辿っているのでした。

     

     

    後遺症の改善とは裏腹に、老化もまた進みつつありました。

    ハッキリと分かるのは、髪の毛。

    毛の量はかなり減少してきた上に、残った毛も白髪だらけになってきました。

     

    後遺症の改善と、肉体の老化。

    この二つが私の体の中で、常に同時進行しているのです。

     

    この進行の先に待っているものは、何だろう。

    後遺症の完治か。

    それとも老化に負けて、後遺症を抱えたまま命が終わるのか。

    どちらになるのか分かりませんが、できれば前者になれるように祈りながら、リハビリの日々は続いていくのです。

     


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • しつこい勧誘の基本的撃退法
      ニゼック
    • しつこい勧誘の基本的撃退法
      yukari
    • 今年もアイツらの季節が到来
      ニゼック
    • 今年もアイツらの季節が到来
      yuko
    • ありがとう、小林麻央さん
      ニゼック
    • ありがとう、小林麻央さん
      ひろ009
    • 障害者は本来マイナスの存在
      ニゼック
    • 障害者は本来マイナスの存在
      Tarot
    • 障害者は本来マイナスの存在
      Tarot
    • 障害者は本来マイナスの存在
      ニゼック

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

    リンク

    おすすめ!

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM