リハビリを一日休んでみる

0

    リハビリは休み無しを信条としている私。

    発病直後は別として、入院の頃から休むことなく毎日自主ストレッチに励んでいます。

    そんな私が、ストレッチを一日休んだらどうなるか。

    たった一日休んだだけでボトックス直行はないでしょうが、筋肉が硬くなるかどうか気になるところ。

    作業療法士の先生(OP)が来訪する日に、自主ストレッチを故意にしないでリハビリに臨んでみました。

     

     

    「今日はいつもより筋肉が随分と硬いですね。

    何かされましたか?」。

    OTの先生は、私の足のふくらはぎの筋肉をもみほぐしながら、私に聞いてきました。

    「今朝はいつもやっている自主ストレッチを、全くやらずに臨んでみました。

    ところで、そんなに硬いですかね?」。

    「ガチガチですよ。

    でもこれで痛くないのなら、ベースはできているので、すぐに元に戻りますよ」。

     

    かなり強くもみほぐしてもらっているのですが、幸い痛みはほとんどありません。

    基礎はきちんとできており、簡単にボトックスに転落することはないそうです。

    しかし、一日だけサボっただけで、すぐに筋肉が硬くなるとは、これでは普段からサボりまくっていたらやがてボトックスに転落してもおかしくはないでしょう。

     

    やはり一日もサボらずに自主ストレッチをすることには、大きな意味があるのだ。

    一時的に硬くなった筋肉をほぐしてもらいながら、明日からはまた自主ストレッチを再開し、これまでよりもより強く途中で休まないことを習慣づけようと思ったのでした。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

    リンク

    おすすめ!

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM