障害者を潰す健康な高齢者

0

    ある日の夕方に、バスに乗っていた時のことです。

    私が頻繁に利用するそのバス路線は、日頃から高齢者が多く、高齢者だけで座席の大部分が埋まるほどなのです。

    私は、そのバス路線を始発停留所から使うので、座れないことはまずないはずなのですが、ある日の状況はいつもと違い、私がバス停に着いた時には、既にバスの座席数を優に超える人たちが並んでいました。

     

     

    バスが到着すると、前の方の人たちは次から次へと着席し、私がバスに乗るときにはもう空席はありませんでした。

    握り棒を持つか吊り革を持っていれば何とか立っていられるのですが、右足が麻痺しているのでかなり苦しいのは毎度の話。

    そうしているうちに、私に声を掛けてくる人がいました。

     

    「こちらへどうぞ」。

    見れば、少し離れた所に若い女性が着席していたのです。

    高齢者に埋もれていたらしく、若い人が乗客にいたなんて初めて気が付いたのでした。

    さすがに、障害者の私を見て、譲らなければ悪いとでも思ったのでしょう。

    女性の席の前まで行くと、女性は立ち上がって私に着席を勧めました。

     

    「あっ!これは・・・」

    その女性は、ヘルプマークを付けていたのです。

    これでは、譲ってもらうわけにはいきません。

     

    「さすがに、これは・・・」

    「いえいえ、私は足は大丈夫なので。どうぞ」。

    「いやぁ、これは本当に申し訳ないです」。

    お言葉に甘えて、着席しました。

    私は、「立ち」の苦しみから解放されたのでした。

     

    さて、この間の周辺の高齢者の様子ですが、各々で談笑しており、私たちの様子には完全に無関心(を装っているの)でした。

    自分たちはお年寄りだから、着席した後は病気の人がいようがケガをした人がいようが、自分が席を譲ることに神経を使わなくていいんだとぐらいに思っているのでしょう。

     

    日本の国が高齢社会と言われるようになってから、随分と時間が経っています。

    これでは、障害者の座る場所は、健康な高齢者によって埋められていくでしょう。

    実際、駅のホームで私の後ろに並んでいた健脚そうな高齢者に、電車に乗るときに追い抜かれ(私は足が遅いため)、優先座席に我先に座られるのを何度も体験しています。

     

    電車やバスの優先席で、「お年寄り」と「体の不自由な方」を同列に並べる時代は終わっているのではないでしょうか。

    交通機関の関係者の方々に言いたい。

    次の時代の優先席のあり方を、早急に考えてください。

    このままでは、障害者は健康な高齢者に潰されてしまいます。


    コメント
    私の良く行くスーパーマーケットでは、障害者専用駐車場(5台分)と、もみじマークが書枯れてある高齢者用駐車場(20台分くらい)が、分かれています。
    しかし、もみじマークの車が、障害者駐車駐車場に平気で侵入してくるのです。「ここは障害者専用です」と、音声を常に流しているにも関わらずです。そこまでやるか〜という感じです。
    地方にある我が町では「俺様(高齢者)は王様!」という意識が強い人が多くいます。数の力もありますが(苦笑)
    メガネサルさん、高齢者の多数が、障害者スペース=高齢者も可、と認識しているに違いありません。
    障害者と高齢者の優先対象としての順位は同等であるという認識の下で、あらゆるチャンスを障害者から奪い取っているのが高齢者というところではないかと、私は考えています。
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

    リンク

    おすすめ!

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM