自販機のジュースと片麻痺患者

0

    そろそろ梅雨明けの時期です。

    暑さも本番となり、熱中症になりやすい季節でもあります。

    私は、仕事で外出することが多いのですが、そんなとき必要になるのが清涼飲料水。

    日本では自動販売機がそこらじゅうにあるので、入手するにはさほど苦労しないのですが、手に入れた後の問題が、我々片麻痺患者に起きてくるのです。

     

     

    今の自動販売機は、昔ながらの缶入り飲料が少なくなり、ボトルタイプの飲料が大勢を占めるようになりました。

    片麻痺患者が開けやすいのは、少数派の缶入りタイプ。

    ボトルタイプの方は持ちにくい上に、開けるのに蓋をねじって回す必要があり、飲めるようになるまでに中身がこぼれやすく、力の加減も缶より難しいのです。

     

    自販機

     

    昔ながらの缶ジュースなら、力を入れるのは僅かな時間であり、こちらのほうがありがたい構造なのですが、ボトルタイプのほうが増えているのが現状です。

    今では、缶はコーヒーがほとんど。

    コーヒー自体は悪くはないのですが、選べる種類が少なくなってしまうのです。

     

    ボトルタイプから缶入りに戻してほしい気がするのですが、ボトルは飲みかけの状態でも短時間なら蓋をして置いておけるという大きなメリットがあります。

    今後、再び缶入りが増えることはないでしょうね。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

    リンク

    おすすめ!

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM