奇跡の回復なんて参考になるか

0

    脳卒中にかかる人は残念ながら少なくなくて、年間25万人くらいの人がかかり、現在は150万人の患者がいるそうです。

    脳卒中の体験を綴ったブログも結構あって、ランキングまであることは皆さんご存知のことでしょう。

    そんなブログの中には、奇跡を謳ったものもあります。

    私にだって奇跡がほしい。

    奇跡を起こすにはどうすりゃええんでしょうか。

    残念ながら奇跡を謳うブログの中で、奇跡を起こすための参考になるものは、私が見る限りではありません。

    普通に参考になるブログはいくつかありますが、それが奇跡を起こすこととどう関係があるのか、私の悪い頭では理解できませんでした。

     

    結局、奇跡って何でしょう。

    もしかして、読者を引き付けるための言い回し?

    それとも、ただの自慢話?

    私が感じるのは、せいぜいこの程度です。

     

    せっかくブログを書くのだから誰かの参考になれればいいなというのが私の思いですが、ブログを書くのは各人の自由ですから、私が自分以外のブログに求めるものは何もありません。

    それでも、手も足も不自由な体になった今、一日も早く全快したいというのが正直な気持ちです。

    奇跡でも起きて、ある日突然回復したらどれだけ嬉しいか。

    しかし、そんな内容のブログなんてあるわけありません。

    奇跡の話は、半分ぐらいで聞いていた方がいいのかも知れませんね。


    コメント
    私は一般的には奇跡の回復した方なのでこういうネタではコメント出し辛いのですが。片麻痺+体幹麻痺からADL的にはほぼ全回復しました。運が良かったから、だと何の参考にもならないので、これが良かったのかな、と思うところを上げてみます。

    1 末梢系からの神経が残っていました。手足は動かなくなりましたが、手足の存在はわかりました。重症の人だと手足の存在が判らなくなると伺いました。フィードバックの有無がリハビリの効きに響くように思えます。
    2 PTさんの指示を良く聞いた。聞かない人が結構多いのだそうで、そこを説得するところから始めるケースが多いそうです。素直に聞いてくれる人は珍しいと言われました。
    3 リハビリの時間だけでなく、起床から就寝まで習った動きを繰り返していました。
    まあ、一番は運が良かった、のでしょうが、此ればかりは人が云々出来る処ではありませんので。
    • ath
    • 2018/06/03 3:40 PM
    athさん、レスありがとうございます。
    「奇跡」の話は参考にならないって書きましたが、参考になるような奇跡の話は、誰もが知りたいところだと思うのです。
    athさんの情報は、ものすごく具体的で参考になると思います。私も実践できるところから始めないとと思いました。
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • 講演の機会が本決まりとなる
      ニゼック
    • 講演の機会が本決まりとなる
      ひろ009
    • サボりにボトックスの段階あり
      ニゼック
    • ボトックスはサボりだけでなると一言も書いてないけど、なにか?
      ニゼック
    • サボりにボトックスの段階あり
      n
    • ボトックスはサボりだけでなると一言も書いてないけど、なにか?
      meganesaru707
    • 脳出血で得たものと失ったもの
      n
    • サボりにボトックスの段階あり
      ニゼック
    • 講演の機会が本決まりとなる
      ニゼック
    • 脳出血で得たものと失ったもの
      ニゼック

    クリックしてくださいね。

    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM