自称平和主義は戦争が大好き

0

    集団的自衛権や憲法改正の是非をめぐって論戦を繰り広げることが多くなってから、もう長い時間が過ぎました。

    色々な政治思想があって、それらが互いに対立することも多いのですが、言っていることとやっていることのギャップが大きい人がいるのは困ったものです。

     

    ある時、私はこんな意見を目にする機会がありました。

    これを見て、私は自称反戦主義を掲げているその人の本質を見た気がしました。

    それはどんなことだったのでしょう。

    「北朝鮮のミサイルは一度日本の本土に当たればいい。

    そしたら安倍首相の支持が急落に追い込まれ、安倍内閣は一気に倒壊するだろうから」。

     

    反戦主義、平和主義を唱えながら、こんなトンデモ発言をする人がいるんです。

    ミサイルが日本に当たればいいとか、どういう論理がこんなことを言わせるのか、危なくてしようがありません。

     

    このタイプの人には、仮想敵を作る傾向があります。

    自分の主張をはっきり見せるために、違う意見をやり玉に挙げて攻撃するのです。

     

    政治ではありませんが、私が「障害者は本来マイナスの存在だ」と書いた時、これは障害者に対する差別だと言ってきた人がいました。

    私の本意は、自分を守るための姿勢の在り方へ繋げる所にあったのですが、聞く耳を持たず、差別を助長すると反論を続け、しまいには私の考え方は相模原の大量殺傷事件に根を同じくするなども言ってきました。

     

    その人の主張は、障害者同士差別をせず、仲良くやっていこうというものですが、そう言っている本人が他人に先制攻撃をしてどうするのでしょう。

    そういう論理展開が、先の北朝鮮云々と同じものなのです。

     

    障害者同士差別をせず、仲良くやっていこうという考え方は、私も同じなんですけどね。

     

    私はこれまで、このブログを始めてから一度も自分から攻撃を仕掛けたことはありません。

    ボトックス批判も、批判は相手からでした。

    失語症でも会話は楽しめると言う私の主張に、全否定で反論し、最終的には自分のブログに悪口を展開しました。

    私は、決して他人に先制攻撃などしないし、例え自分と異なる意見を唱えているブログを目にしたところで、こちらから反論をコメント欄に書くようなバカなことは一切やりません。

    こんな温厚な私を攻撃対象にするとは、一体どういう思考回路から出てくるのか、不思議でなりません。

     

    自己の主張を分かりやすくするために、攻撃できそうな他人の意見を探し出しては反論と言う形で攻撃するのは、我 々 障 害 者 の世界にもあります。

    こういうものには、できれば無視して、近づかないようにしましょう。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      ニゼック
    • 障害者が作る健常者の感情
      ニゼック
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      堀池一久
    • 障害者が作る健常者の感情
      堀池一久
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック

    クリックしてくださいね。


    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM