懐かしの名古屋に行って来た

0

    名古屋は、私が過去に7年余り暮らした街です。

    私は大阪で生まれ育ち、現在は東京に住んでいますので、いわゆる日本三大都市圏の全てに居住経験があることになります。

    居住年数から言えば、名古屋は最も短かったのですが、人生のイベントの大きさでは、名古屋飯と同じく、非常に濃い日々でした。

    故郷を初めて離れて住んだのが名古屋、結婚したのも名古屋、子供を授かったのも名古屋、あれも名古屋、これも名古屋、なんでもかんでも名古屋だがや〜、てな感じで、今も名古屋には特別な思いがあります。

    そんな名古屋に昨年の暮れ、1年10か月ぶりに降り立ちました。

     

    名古屋駅1


    ボトックスの認識とその誤解

    0

      ボトックスの治療を受けている人の中には、敏感な人がいます。

      特に、私たちのようにボトックスを受けていない者がボトックスのことを書くと、それに対して否定的な見解を持ったりします。

      今回は、そんな意見を書いているブログ記事がありましたので、それに対する反論を兼ねた紹介です。

       

       


      右利きの私の左手は今や主役

      0

        利き手の右手が麻痺してから、1年と9か月の月日が経とうとしています。

        今や、お箸、着替え、ネクタイ、手書きなど、これまで右手または両手でしていた作業の全ては、左手中心でするようになっています。

        これから先、右手の回復がいつになるのかは当てにできないので、新しいことも左手でマスターしなければならないでしょう。

         

        カッコいいことを書きましたが、そんな私も右手を麻痺してすぐに左手を特訓したわけではありません。

        入院直後は、数か月後には右手の麻痺は回復すると、信じて疑いませんでした。

         

         


        リハビリに対する大きな誤解

        0

          リハビリのことを全く知らない人は、見かけなくなりました。

          しかし、正しく認識できている人は、そんなにいないと思います。

           

          先日、私の妻が帰省した時、義妹(つまり、妻の実妹)に私の病状について話したそうです。

          リハビリは週2回1時間ずつ行なっており、本人(つまり、私)も真面目に一生懸命に取り組んでいるのだが、発病後2年近く経ってもまだ右(麻痺している方)の手足の指がほとんど動かない、と。

          これを聞いた義妹は、次のように言ったそうです。

           

           


          ボトックスにこんな治療法が

          0

            私自身が受けてもいないボトックスについてばかり書くのは気が引けるのですが、どうしても書いておきたい話題に出会いました。

            最近は「甘い認識のために、早期の頃からリハビリでサボりがち」な人の話が中心でしたが、今回書くのは「絶対必要ではないが、治療法の一つとして取り入れてみた」人の話題です。

             

            この方は、「治療法として取り入れてみた」というより「ご自身の目標達成のために、その援助の位置づけとして取り入れた」と書く方が合っているかと思います。

            それでは、どんなふうにしてボトックスを生かした治療法なのか、見てみたいと思います。

             

             


            なんで、私がボトックスに!?

            0

              かなり前ですが、朝ごはんと学力の関係を調査した報告を見ました。

              そこでは、学力の高い子供ほど朝ごはんを食べている子供の割合が高い、というものでした。

              では、学力が低く朝ごはんを食べない子供は、朝ごはんを食べれば学力が高くなるのでしょうか。

              答えは否です。

              学力を上げるためには、きちんと勉強をやることが不可欠です。

               

               


              ボトックス回避の3つの心得

              0

                脳卒中の後遺症に苦しんでいる人で、ボトックス治療をされている人ってどのくらいいるのでしょう。

                調べてみましたが、具体的な数字は掴めませんでした。

                ブログに限定したら、意外にいます。

                色々な治療法を試している方が、ブログで情報を積極的に発信しているのかも知れませんね。

                 

                 


                障害者に冷たい駅、六本木駅

                0

                  東京でトップクラスの知名度を誇る六本木。

                  地方人の私が、東京に住んで20年近くがたつのに、今なおまだお上りさん気分になるから不思議な街です。

                  あまり来ていないからなのかもしれませんね。

                   

                  今回、脳出血後初めて訪れました。

                  病気の前は何とも思わなかったのに、駅がこんなに歩きにくいとは。

                   

                   


                  悲劇のヒーローはゴメンだぜ

                  0

                    一番楽な時間は、どんな時ですか。

                    私はやっぱり寝ている時ですかね、それも眠っている時。

                    なぜって、後遺症から解放されているから。

                    意識のある時は、いつも後遺症と向かい合っていて、苦痛から100%逃れることがないのです。

                    それが、脳卒中の後遺症です。

                     

                    でも、悲劇のヒーローにはなりたくない。

                    体の苦痛なら、自分以外にもたくさん苦しんでいる人がいますからね。

                     

                     


                    見かけでは分からない失語症

                    0

                      見かけでは分からない障害がいくつかありますが、失語症もその一つではないでしょうか。

                      黙っていたら、自由に話すことができない、あるいは難しいだなんて、想像がつきませんからね。

                       

                      失語症だけを取り上げた場合、全く話すことができない重い方は言うまでもないですが、症状が軽くて話すことができても結構苦しいことはご存知ですか?

                       

                       

                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

                      リンク

                      おすすめ!

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM