ボトックスの認識とその誤解

0

    ボトックスの治療を受けている人の中には、敏感な人がいます。

    特に、私たちのようにボトックスを受けていない者がボトックスのことを書くと、それに対して否定的な見解を持ったりします。

    今回は、そんな意見を書いているブログ記事がありましたので、それに対する反論を兼ねた紹介です。

     

     


    ボトックスにこんな治療法が

    0

      私自身が受けてもいないボトックスについてばかり書くのは気が引けるのですが、どうしても書いておきたい話題に出会いました。

      最近は「甘い認識のために、早期の頃からリハビリでサボりがち」な人の話が中心でしたが、今回書くのは「絶対必要ではないが、治療法の一つとして取り入れてみた」人の話題です。

       

      この方は、「治療法として取り入れてみた」というより「ご自身の目標達成のために、その援助の位置づけとして取り入れた」と書く方が合っているかと思います。

      それでは、どんなふうにしてボトックスを生かした治療法なのか、見てみたいと思います。

       

       


      なんで、私がボトックスに!?

      0

        かなり前ですが、朝ごはんと学力の関係を調査した報告を見ました。

        そこでは、学力の高い子供ほど朝ごはんを食べている子供の割合が高い、というものでした。

        では、学力が低く朝ごはんを食べない子供は、朝ごはんを食べれば学力が高くなるのでしょうか。

        答えは否です。

        学力を上げるためには、きちんと勉強をやることが不可欠です。

         

         


        ボトックス回避の3つの心得

        0

          脳卒中の後遺症に苦しんでいる人で、ボトックス治療をされている人ってどのくらいいるのでしょう。

          調べてみましたが、具体的な数字は掴めませんでした。

          ブログに限定したら、意外にいます。

          色々な治療法を試している方が、ブログで情報を積極的に発信しているのかも知れませんね。

           

           


          見かけでは分からない失語症

          0

            見かけでは分からない障害がいくつかありますが、失語症もその一つではないでしょうか。

            黙っていたら、自由に話すことができない、あるいは難しいだなんて、想像がつきませんからね。

             

            失語症だけを取り上げた場合、全く話すことができない重い方は言うまでもないですが、症状が軽くて話すことができても結構苦しいことはご存知ですか?

             

             


            読み書きの全ては脳の働きだ

            0

              ブログの記事を投稿したり、コメントを書いたりする全ての働きは、脳が関与していることを忘れちゃいけませんね。

              文章に毒を含めるのも、脳の働き。

              罵倒したり、皮肉ったりもそう。

              そして、ブログの数だけ、あるいはそれ以上の数の脳が関わっていることを、改めて気づかずにはいられません。

               

               


              脳はジャンクでも人生までは

              0

                脳出血で一部の神経回路が破壊され、ジャンクになってしまった私の脳。

                体の一部が思うように動けなくなり、身体障害者に認定されました。

                それだけではありません。

                毎日寝ても覚めても、後遺症に苦しめられます。

                 

                体がジャンクなら、毎日の生活もジャンク。

                このままだと、ジャンクのまま一生を終えることになりかねませんね。

                 

                 


                賞賛はしたくないボトックス

                0

                  誤解を招かないように先に書いておきますが、私はボトックスを否定する気は全くありません。

                  ましてや、これを治療のメニューとしている方を一律に非難しようだなんて、決して思ったことはありません。

                  私は、注射が大嫌いで、注射が主であるこの治療を、できれば避けたいと思っているだけです。

                  以上のことを前提に、この先を読み進めてくだされば幸いです。

                   

                   


                  試験に挑めよ高次脳機能障害

                  0

                    早いもので、もう入試のシーズンになりました。

                    今週末には大学入試センター試験があり、受験生は最後の追い込みに入っているでしょう。

                     

                    私も今から30年ほど前に、大学受験を経験しました。

                    センター入試の前身である共通一次試験と国公立大学の二次試験に挑み、2年目(つまり一浪)で大学に入れてもらいました。

                    私の脳機能は、恐らくこの時がピークで、その後は衰退していったばかりではなく、脳出血まで起きたので、今や私の脳はジャンク商品に成り下がってしまいました。

                     

                     


                    リハビリに正月休みとは甘い

                    0

                      正月は、体を動かしましたか。

                      セラピストさんたちは当然休みですが、体の回復には振替休日も年末年始休暇も関係なし。

                      私は発病以来、その意識で毎日を過ごしてきました。

                       

                      時々ですが、正月休みの間に体を動かさなくて、体が硬くなってしまったという声を聞きます。

                      笑い話として話のタネで言うのならいいのですが、もし真剣にそうなったと言うのなら、あなたは本当に治す気があるんかいと、突っ込みを入れたくなります。

                       

                       

                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

                      リンク

                      おすすめ!

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM