体が壊れて家電品も壊れてく

0
    家電品の調子は、いかがですか。
    長い間使っていると時々壊れることがあって、カタログとにらめっこしたり、ネットでチェックしたりすることがあります。
    それが意外に楽しくて、夜更ししてしまうこともあったりするんですね。
    買った後より、買うまでが楽しいのです。
    時々の非日常な感じが、いいんですよ。
     

    ALS闘病者の情報発信活動

    0
      言語聴覚士のリハビリの時間に、ショッキングな話を聴く機会がありました。
      私が普段お世話になっている3セラピストさん(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)は、私のように回復を目指す指導だけでなく、病状が悪化するのを前提に指導をする仕事があるという話です。
      その一つが、全身の筋肉が動かなくなる難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の人向けに行う指導です。
      担当の患者の病状が日に日に悪化していく中で、次のリハビリのメニューを考えるのは、何とも言えない辛さがあるそうです。
       

      しゃっくりをすぐ止める方法

      0
        「ヒャック、ヒャック」
        しゃっくりが、止まらない。
        入院していた頃、誰もいない食堂での話です。
        喉に異物がくっついて、気持ちが悪いので無理やり咳をしたら、しゃっくりが止まらなくなってしまったのです。
         

        右手の不自由からの脱出か?

        0
          麻痺している右手の感触が、いつもと違いました。
          なんか変だなと思いながら、五本の指をじっと見つめました。
          それからおもむろに、指の曲げ伸ばしをしてみました。

          …動いた!

          自分の意思で、右手の指を動かすことができた!
          やった、これで徐々に右手が使える!
          ようやく、右手の不自由からの脱出に漕ぎ着けたのです。
           

          畳に大の字で寝るのも一苦労

          0
            理学療法士さんから、床に座っている状態から立ち上がる方法を教わりました。
            健常者ならなんでもない動作ですが、片麻痺の私には簡単にこなせるわけじゃない。
            昔は、畳の上で大の字になって寝ることが普通に出来たのに、今はこんなことまで簡単ではなくなってしまったのです。
             

            自由のない体に仕事のない毎日

            0
              発病から半年が過ぎました。
              退院から1ヶ月が過ぎましたが、まだ社会復帰が出来ないでいます。
               

              長嶋氏批判とブラックリハビリ

              0
                プロ野球の往年の名選手、長嶋茂雄氏が、脳梗塞で長年闘病生活を送っていることについて、私はボンヤリと知っていました。
                私自身が脳出血で倒れてからは、同じ麻痺を持ってリハビリを続ける姿に興味を惹かれました。
                巨人も長嶋氏も、元々はファンではありませんが、長嶋氏の脳梗塞のことは関心を持つようになったのです。

                長嶋氏の闘病については、応援のメッセージがある一方で、残念ながら批判もあります。
                私は、以前はどういう意見を持とうが個人個人の勝手だと思っていましたが、脳出血の発病後は、長嶋氏の脳梗塞の発生経緯を知った上で、的外れだと思う批判には腹立たしく思うようになりました。
                そんなとき、個人のブログの中に、非常に厳しい記事を見つけました。
                長嶋氏の、リハビリへの取り組み内容を批判する内容でした。
                 

                高いプライド、低いデリカシー

                0
                  プライドが高い人に、いい話はあまり聞きません。
                  特に、病院では取り扱いが面倒で、他の患者にとっても気分が良くなくて、存在が邪魔なだけ。
                  私が入院しているときにも、プライドの高そうな高齢の患者がいました。
                  その患者さんのエピソードを紹介します。




                  高血圧にもっと危機感を

                  0
                    私が脳出血を発病する直前、私の血圧は最高で150mmHgから160mmHgでした。
                    典型的な高血圧の数字です。
                    発病した今では、降圧剤を服用しながらも、最高で凡そ110mmHgから120mmHg。
                    随分と健康な数値になったものです。
                    発病前にきちんと対策を講じていれば、脳出血に襲われることはなく、右手右足が麻痺で不自由にならずに済んだと悔やまれるところ。
                    今では遅すぎるので、前だけを見るしかないですね。
                     

                    不自由な体に色々な形の感謝

                    0
                      いつもよく飲みに行く大学の先輩から、電話がかかってきました。
                      退院祝いにごちそうしてくれるそうです。
                      でも、私はまだ遠くに外出することができません。
                      申し訳ないので断ろうとすると、近くまで来てくれると言うのです。
                      それで私達は、近所のファミレスで落ち合うことになりました。
                       
                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

                      リンク

                      おすすめ!

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM