入院中に体験したこと

0

    私が脳卒中の入院中に体験したことを、列記してみます。
     


    大きなお世話の隣人、K氏

    0
      ※同じ病室の、隣のベッドの人K氏については、「少し困った隣人さん、K氏」もお読みください。


      6月の終わり頃、食事のときの出来事です。
      我々の4人テーブルの話題は、デザートのメニューのことで盛り上がっていました。
      隣のベッドのK氏ともう一人の2人は杏仁豆腐ですが、私と別のもう一人は小さなゼリーでした。
      「デザートが違うんですね」
      と、私が言うと、K氏が嬉しそうに、
      「いつもだよ。病気でメニューが違うんだ」
      と、答えていました。
      私のメニューは、カロリー制限が入っているメニューでした。
      ひと目見ただけで、見劣りがするのです。
      私は、知らなかったわけじゃないけど、話題に乗っていました。
       

      脳細胞の破壊と方言の記憶

      0
        方言とは、かくも強いものなのか。
        脳卒中の入院で、方言の意外な強さを感じることがありました。
         

        ナンパ狙いの不届き患者

        0
          リハビリの専門スタッフは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士。
          これらは国家資格なので、非常に頼もしい方々です。
          彼らの業務は、患者とマン・ツー・マンで行うことがメイン。
          特に、理学療法士と作業療法士は、体を接触させることが多く、相手の患者が異性であることも少なくありません。
          しかも、スタッフは若い人も多いのです。
           

          少し困った隣人さん、K氏

          0
            6月19日、リハビリ専門病院での最初の食事がありました。
            4人テーブルに、車椅子に乗ったまま案内されました。
            そこには、3人の男性患者が座っていました。
            私は、初対面のご挨拶をしました。
             

            リハビリの病院へ突然の転院

            0
              脳卒中の発病から1ヶ月近くが経った6月中旬のことです。
              リハビリが中心の治療にすっかり慣れ、リラックスした毎日を送っていました。
              おまけに体も順調に回復しているし、これなら退院も遠くはない。
              そんなことを考えていました。
               

              プライドはトイレに流される

              0
                患者さんにも、時々カッコをつけている人がいます。
                退院の日までプライドが維持できればいいのですが、病院でモテたいのかな。
                かわいい看護師さんがたくさんいるので、ナンパが生きがいの人もいるのでしょう。
                 

                患者に見えないヤンキー患者

                0
                  救急病院で、集中治療室から一般病棟に移って間もなくの頃です。
                  私のいる病室に、一人の若い男性患者が入院して来ました。
                  歳は30代前半くらいで、ヤンキー風に私には見えました。
                  その人は、普通に入院生活を送り始めたのですが、私は不思議に思うことがあったのです。
                   

                  発病から退院までの流れ

                  0
                    脳出血を発病し、集中治療を経てリハビリ開始まで至りました。
                    その間たったの3日。
                    リハビリ開始以後はどうなったのか、まとめてみたいと思います。
                     

                    リハビリこそ治療の中心

                    0
                      5月20日、早速リハビリが始まりました。
                      「早速」なのは、体を動かさないでいる時間を出来るだけ作らないためです。
                      体を動かさないでいると筋肉が固まってしまい、動かそうとしても動かせなくなってしまいます。
                      体には、適当な運動が必要です。
                      しかし、体の半分が麻痺していては、自分では満足のいく運動が出来ません。
                       
                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

                      リンク

                      おすすめ!

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM