脳はジャンクでも人生までは

0

    脳出血で一部の神経回路が破壊され、ジャンクになってしまった私の脳。

    体の一部が思うように動けなくなり、身体障害者に認定されました。

    それだけではありません。

    毎日寝ても覚めても、後遺症に苦しめられます。

     

    体がジャンクなら、毎日の生活もジャンク。

    このままだと、ジャンクのまま一生を終えることになりかねませんね。

     

     


    賞賛はしたくないボトックス

    0

      誤解を招かないように先に書いておきますが、私はボトックスを否定する気は全くありません。

      ましてや、これを治療のメニューとしている方を一律に非難しようだなんて、決して思ったことはありません。

      私は、注射が大嫌いで、注射が主であるこの治療を、できれば避けたいと思っているだけです。

      以上のことを前提に、この先を読み進めてくだされば幸いです。

       

       


      試験に挑めよ高次脳機能障害

      0

        早いもので、もう入試のシーズンになりました。

        今週末には大学入試センター試験があり、受験生は最後の追い込みに入っているでしょう。

         

        私も今から30年ほど前に、大学受験を経験しました。

        センター入試の前身である共通一次試験と国公立大学の二次試験に挑み、2年目(つまり一浪)で大学に入れてもらいました。

        私の脳機能は、恐らくこの時がピークで、その後は衰退していったばかりではなく、脳出血まで起きたので、今や私の脳はジャンク商品に成り下がってしまいました。

         

         


        リハビリに正月休みとは甘い

        0

          正月は、体を動かしましたか。

          セラピストさんたちは当然休みですが、体の回復には振替休日も年末年始休暇も関係なし。

          私は発病以来、その意識で毎日を過ごしてきました。

           

          時々ですが、正月休みの間に体を動かさなくて、体が硬くなってしまったという声を聞きます。

          笑い話として話のタネで言うのならいいのですが、もし真剣にそうなったと言うのなら、あなたは本当に治す気があるんかいと、突っ込みを入れたくなります。

           

           


          脳出血後初めての一人暮らし

          0

            脳出血発病から1年7ヶ月が過ぎ、少しずつ体も回復してきました。

            しかし、残念ながら、混雑した場所にはまだ適応できていないようです。

            先日は夕方の地下鉄のラッシュで、ひどい目に遭いましたからね。

            足を踏まれて自由に動けず、声を上げるしかないなんて、悲しいです。

             

            そんな一方で、私の家では私以外の家族は健常者なので、混雑も平気です。

            そういうわけで、年末年始休暇は、妻子だけが帰省することになりました。

             

             


            言葉以上に重い健康の有難み

            0

              私は、脳出血をしてから、今まで知らなかった後遺症の世界と向き合うことになりました。

              体の変化は、1つや2つではありません。

              例えば、私はオムツが手放せなくなっています。

              小便を我慢できなくなってしまったからです。

              その他にも、困ったことは限りなく出てきます。

               

               


              脳出血後で初めてのカラオケ

              0

                脳出血をしてから、初めてのスナック。

                このスナックは名古屋にあって、病気の前は年に2、3回訪ねていましたが、病気の後はすっかりご無沙汰になっていました。

                私はまだ酒は飲まないことにしてると言うと、ママは奥からノンアルコールビールテイスト飲料(以降、「ノンアルビール」と記します)を出してきて、「これなら飲めるやろ」と。

                普段はノンアルビールなんて置いていないのに、私が今は酒を飲まないことをどこから聞いたのか、さすがママ。

                 

                 


                ぶつかっても感情的になるな

                0

                  駅のコンコースを歩いていると、行く手を阻む様々なものに遭遇します。

                  階段、スロープ、工事のために狭くなった通路、などなど。

                   

                  これらは、健常者だった頃はなんでもないものでした。

                  身障者になった今では、健常者には考えられないほどの障害物なのです。

                  思ったよりも頻繁に遭遇するので、イライラしてきます。

                   

                   


                  脳出血男のカッコイイ生き方

                  0

                    脳出血をした男に、カッコイイ生き方ですか。

                    そんなものなんてありません。以上。

                    えっ?


                    チョットマテ! 本当にそれでいいのか!?

                     

                     


                    資格試験と失語症のハンディ

                    0

                      少し前に資格試験に挑戦する旨の記事を書きましたが、先日、年に1度の試験が終了しました。

                      結果は…

                      いや、それよりも、想定外のことが起きたのです。

                      さすがに数ある試験に挑戦した私も、試験の最中に驚き、試験が終わってからは呆然と立ち尽くしたのは、初めてでした。

                      こんなこと、ありなのか?

                       

                       

                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

                      リンク

                      おすすめ!

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM