アイ・アム・ア・身体障害者

0

    事務作業をしていて、メモ書きをしようとしたとき、右手でペンを取ろうとして右手で取れなくて、改めて自分が身体障害者であることを思い出しました。

    脳出血で体が不自由になって1年3か月がたった今も、時々自分が身体障害者であることを忘れます。

    動くはずの右手が動かないことで、身体障害者であることに気が付くのです。

     

    不自由な体を持つ現実と向き合ったとき、心が落ち込みます。

    でも、落ち込んでばかりでは前に進むことが出来ません。

     

     


    リハビリの自主トレメニュー

    0

      毎週火曜日と木曜日は、リハビリの日。

      開始から今日までは、両日とも理学療法士の先生による指導で行なってきましたが、来週からは木曜日は作業療法士の先生が来てくれることになりました。

       

      仕事のための外出が多く、足の方は十分に回復してきたので、腕や手のリハビリにウエイトを置こうということになったのです。

      そこで、下肢を中心とした自主トレとして、次のようなメニューを理学療法士の先生からいただきました。

       

       


      小さな出来事に前触れを見る

      0

        脳出血は、前触れのないことが多いようです。
        私自身も、ある日突然発症し、気がつけば入院生活を送っていた、しかも体の右半分は動けなくなっていた、というものでした。

         

        発症から1年が過ぎて、今では発症から現在までの経過や、発症前の健常な日々を落ち着いて振り返られるまでになりました。

        そんな中で、私は発症数ヶ月前に某所に投稿したウェブ日記で、もしかしてこれは!というものを見つけました。

        その日記とは、次のようなものです(当時の原文ママです)。

         


         


        脳卒中されどツイてる晴れ男

        0

          朝起きたら、外は日が差していました。

          前の夜は、今日はもう一日雨だろうと諦めていたのですが、目を覚ましたら意外な結果に。

          私は案外晴れ男なんだ!と喜んだのもつかの間。

          大気が不安定なので、午前中は晴れていても午後からは雷雨になるという予報が出ていたのです。

           

           

           


          動画で見てよく分かる後遺症

          0
            自分が脳卒中(脳出血)になって初めて、脳卒中の後遺症がどんなものかを知りました。
            杖をついている人の中で、脳卒中の片麻痺に苦しんでいる人は、一目見て分かるようになりました。
            一方で、一般の人が脳卒中の後遺症がどんなものかを知っているかと言えば、知っている人はほとんどいないと思います。
            脳卒中の後遺症がどんなものかを直感で知るには、やはり動画にかなうものはありません。


             

            想像以上にずっと危険な転倒

            0
              家の中で椅子から転げ落ちて、頭の右側と右肩、それに右の横っ腹を強打しました。
              薬を飲もうとして、棚から薬の箱を落として床にぶちまけてしまい、それを片付けていた最中のことでした。
              椅子に座ったまま腰をかがめて、床の上に散らばった薬を一つ一つ拾っているときに、突然バランスを失ってしまったのです。


               

              ”イッシュウキ”を迎えた日

              0

                2015年5月18日未明、私は脳出血を起こしました。
                そうです。今日は、私が脳出血を発病してちょうど1年になる日。
                突然、体の右半分が動かなくなり、言葉も発せられなくなったのです。
                あっという間に、体の自由が奪われていきました


                 


                趣味を強制的に奪った脳出血

                0
                  退院から半年余りが過ぎ、生活も落ち着いてきました。
                  暖かい5月ということもあって、出かけるには気持ちの良い季節。
                  学生の頃から趣味だった写真を再開しようと、愛機の一眼レフカメラを持ち出そうとしました。
                  ところが、考えてみれば写真を撮ることが出来なくなっていたのです。
                  カメラが壊れたのではなく、脳出血の病気のせいで。


                   

                  雨に遭わずに終わった2日間

                  0
                    私は何てラッキーなんだろう!
                    こんなことがあっていいのか。
                    5月10日と11日の2日間、天気予報では先週から最悪の予報が出ていました。
                    日本の南岸に前線が停滞し、前日の天気図を見ていても絶望的な結末は避けられないと思っていました。
                    蓋を開けると、無事に雨に遭わずに済んだのです。


                     

                    出来れば避けたいボトックス

                    0
                      退院した頃、妻の友人が「ご主人様へ」とのことで、一冊の本をいただきました。
                      その本は、「リハビリ・ハンドブック」。
                      サブタイトルに、「脳卒中の重度マヒでもあきらめない!」とあります。
                      片麻痺に苦しむ私達脳卒中の患者にとって、非常に魅力的なサブタイトルではありませんか。


                       
                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        ニゼック
                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        Tarot
                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        Tarot
                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        ニゼック
                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        Tarot
                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        ニゼック
                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        yuko
                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        ニゼック
                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        yuko
                      • 障害者は本来マイナスの存在
                        ニゼック

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

                      リンク

                      おすすめ!

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM